Img_04313ea0352c58b3305305254d82e223
ぼたんこしょう
Img_b439e5d2033d4939d45c438d2da3405a
八町きゅうり
八町きゅうり 半日程干すと 料理に使いやすくります
ビックリするほど スパッと 切れます
火を通すと とっても美味しい
やってみたら 楽しくなる
美味しくなる

ぼたんこしょう
切った 切った 200個程切った
200個とは 思えないくらい 小さく小さくなった
水分が抜けた分だけ 辛くなった

ぼたんこしょう 最近 すごい人気で嬉しいな
やっと ぼたんこしょうの良さが 分かってもらえて
幸せ 幸せ
お料理にする人 ケーキにする人 いろんな可能性のある野菜
ぼたんこしょう

写真の干した ぼたんこしょうは皆 旅立っていきました
10月14日 小諸エコビレッジで チベット祭り
そこで 使ってもらえる
チベットは 辛い料理
チベットでは 唐辛子を屋根の上で干す
その景色は きっと キレイなんだろうな
皆Happy になります
だって これを使ってくれるのは
ケメケメのやよいちゃん
彼女の料理は 幸せ そのもの
HappyHappy
Img_982a02f866dff63c74644ab5bacdb360
先日 以前より野菜と豆を使ってくれている
「暮らし菓子工房 スマイルてえぶる」の
藤沼貴子さんが取材に来てくれました
無肥料・無農薬に特化したお菓子をかなりこだわって作っていらっしゃいます
日本中を探しても 藤沼さん程 材料にこだわったところはないです
短い時間のなか いっぱいお話をさせていただきました
楽しかった~

「自然との会話」
自然を眺め
何をすればよいのか考え 行動する
または何もしない
何もしないことでどう変化するのか
だまってみている



月のように 静かに
ほんのりとした光を照らしていきたい

まんまる まんまる
ずっと行きたかったお店!!
やっと行く事ができました!!
上田にある レストランパニエさん♪
素敵すぎです。
(写真を撮るのは、なんだか抵抗があるくらい素敵なお店とお料理なので
撮りませんでした 是非 行ってみてくださいね)
穏やかなご夫婦でやられています。
店作りからこだわって、業者の人達と一緒にお店も作られたというこだわり。
お二人の感じがよく出ているお店でした。
すごくすごく素敵な空間と 野菜をたっぷり使ったお料理♪
なかでもキッシュは絶品!!
実は、キッシュってあまり得意ではなかったんです。
でも、パニエさんのキッシュを食べたら 大好きになっちゃいました!!
絶対に食べた方がいいです!!
お料理もとても美味しかったのですが
以前より知っているお二人が お店をOPENして一生懸命働いている姿を見て
そこへお客さんが来ている所を見ていて 
すごく嬉しくなっちゃいました。
そして、元気になって帰ってきたので
頑張って畑仕事やっちゃいましたー。
パニエさんありがとう。
Img_05000f7023a0255c3930c234916f88eb
Img_29999ae93a22d760e0b582cb0a01fa03
Img_4275de6194559d5a84a2dfd9ecd44fb5
朝 空を見上げると とてもきれいな秋空でした
こんなキレイな空の下で仕事が出来るなんて
幸せだな と 思います

畑には 雨上がりの 朝日を浴びた
末川蕪がいました
そろそろ 間引きをしようかな

末川蕪 丸がつぶれたような形で
紫色をした 寒さが大好きな 美味しいかぶ
Img_02a7f5d7596fb48770a05f9cff9a9a74
今日もありがとうございます!
ご連絡をくれたお客様、畑見学に来てくれた方
HPを見てくれた方。
皆さんに感謝、感謝です!!
ありがとうございます!

自然と土と向き合った仕事をして出会えた人達がいるから
今の自分がいるのだと思います。
とぅりまかしの方向性がかたまってきました!
ここまできたのなら、本気で在来種を無肥料・無農薬栽培でやっていこう!
そして出会った人達をSMILE HAPPY LOVE にしよう。
小さな人間が、大きな自然のなかでどこまでできるのかわからないけど
すべての常識を常識ととらえないで
自然が教えてくれる事に目と耳をかたむけて
謙虚に、バカに、やっていこうと思います。
20年後に在来種がブレイク寸前までいっていたら最高にかっこいい。
Img_bdf827260a056789467867d7b0c15439
矢島かぶ
Img_487dcb3950c5680c44bc1f893d803d59
早生今市かぶ
今日は滋賀県の矢島かぶと、奈良県の早生今市かぶです。
矢島かぶは寒さにあたると、葉が赤紫色になり、それがカッコよくて毎年やっています!
早生今市かぶは、よ~く観ると、葉のギザギザがないですよね。
これが特徴です!!この早生今市かぶは葉っぱも美味しいんです!!
どちらも、漬物はもちろん、炒めても、煮ても、味噌汁の具としてもいけちゃいますよ♪
かぶって、捨てるところがないからいいですよね!!
全部食べられる。

せっかくなので、とぅりまかしでやっているかぶを書いておきますね。
信州在来種の末川蕪、王滝蕪
滋賀県在来種の矢島かぶ
奈良県在来種の早生今市かぶ
これにちょっとだけ
外国のかぶのパープルトップホワイトグローブとゴールデングローブ
これがとぅりまかしでやっているかぶです♪
Img_09fbbee740371789d12d2e492f12808a
小田切赤首地大根
Img_7323e7780ae80b7ab028df2257081726
親田辛味大根
どっちも、よく発芽してくれました。
小田切赤首地大根は、下の方が赤くなってきましたね。
今年も媚びない味を見せつけてくれると思いますよ。
親田辛味大根は見た目は蕪!でも大根!
初のチャレンジなので、どんな感じなのか楽しみです。
共に、信州の在来種で、親田辛味大根は信州伝統野菜に選定されています。
現在、信州伝統野菜に選定されているのは76種類!!
びっくりな多さです!!しかも、まだ今後も出てきそうなので
いずれ100いくかも?!ですね!
一般的にはマニアックな野菜達かもしれませんが、付き合っていくととてもカワイイ野菜ばかりですよ!!
へんな格好でも憎めない!
収穫量が少なくても、憎めない!
不便だけど、憎めない野菜!
そして大好きな野菜に!
それが在来種の野菜の魅力です。
便利な世の中だからこそ、少し不便さに目を向けてみませんか?
不便さに目を向けていくと、なんだか気持がほっこりしますよ。


Img_1333ff545abdf192b535e442925501c9
朝がだいぶ涼しくなってきました!
涼しいというより、寒いくらい。
この気温ちょっと異常です。
そんな朝に、かぶの畑に行くと
かぶ特有の香りが、辺り一面を漂わせていてます♪
だんだん涼しくなっていくんだなぁと実感させてくれます!
種まきも残すところ、あと2回になりました。
その後は、いよいよ枝豆の収穫!!
9月15日頃を予定しています♪
中尾さんは今年お初なので、どんな感じなのか楽しみです♪♪♪

Img_9abb0247c467e88a049f93a99254b782
種まき
Img_7866affaec8fac834b51bece0f94d8b7
発芽
Img_bee80fa161f30c3e592c956495f91894
ハウスで育苗1
これが八町きゅうりの一生です。
注目して欲しいのは、最初の写真と最後の写真が同じってこと。
つまり、種をとるってことはぐるぐるとまわっているっていうことなんですね。
まったく同じといことがない、自然界。
その中で、種を採りつづけて、色々な条件に適応していってくれる。
つまり、種が勉強しているんです。
そして、天候不順が多い年でもそこそこ採れちゃったりしちゃいます。
でも、そこまで優等生になるには時間がかかる。
よく言われているのは10年種を採ると手がかからなくなる。
毎年やっていると、思ったことないですけど、「10年」と思うとちょっと長い道のりだなって思います。
でも、もう少しで、八町さんの収穫が終わりそうです。
来年まで会えないのか・・・と思うとやっぱり寂しいですね。
だから、今は精一杯、見守りながらお世話をして、来年また会える日を楽しみにしていこう!
そんな日々です。
Img_93351174de2395ad0ae4b3c4c872c640
ハウスで育苗2
Img_5e36ddd5cfa2e0b76ccfa6eb8edbbd1f
畑に引っ越し
Img_8f1fe62a7d4e0e85115493fd7246c8ea
畑ですくすく生育中
Img_964f8926de284afd4c3926da867b55a2
花が咲きはじめのころ
Img_d396afaaf31ec05746f1339cec02eff0
収穫♪
Img_54c559dffff1b8b6e37b087c0bb24587
来年の種になる実を収穫
Img_ed483468a5195f66cc95c88626a17dc6
現在
Img_438d6f8d8b3a28cde15959777970e513
種とり
Img_a684eb2802ec211415a1aa7101b32ef6
王滝蕪
Img_44a688df02a6d15a440a25e2db9118ff
末川蕪
両方とも発芽しました。
と言っても、写真では、だだの葉っぱですね。
でも、ハートの形でカワイイでしょ。
これがあと1ヶ月ちょっともすると、立派な信州で昔から受け継がれてきた蕪になるんですね!
ごま粒程の大きさの種ひとつぶが、立派な野菜になるなんて!
考えてみるとすごいことですね♪
一つの穴に3粒くらいづつまいてます。
1粒で発芽すればいいんですけど、発芽してくれない種もあるんですね。
簡単に言っちゃえば、3粒のうち2粒は保険のようなものです。
でも、3粒まいて、3つとも発芽したままにしておくと、
大きくなるときに狭くて、一つ一つが大きくならないんです。
だから、間引きという作業をします。
3つのところを1つにします。
この作業は苦手!
いっつもどっちを残したらいいのかな?なんて考えながらやっているとなかなか進まないし。。。
ひとつにするということはあとのふたつは犠牲になるってことです。
このことも躊躇してしまう原因。。。。
皆さんの所へ届くまでに、その蕪が大きくなるまでに、1個か2個は犠牲になって、そのおかげで大きくなって、食べられることが出来るんだな。と思ってもらえたら嬉しいです。

今回は、在来種が食べれちゃう情報です♪
この前お話したケメケメのやよいちゃん、今週は頑張っちゃうみたいですよ!
木・金は上田市塩田のミックスポーツ事務所内で営業!
土・日は東御市八重原にある、まる屋さんでワンデイシェフとして腕をうるっちゃいますよ~。
今回は、韓国料理みたいですよ~。
むらさきいもはジョンに・・・ジョンは韓国のちぢみなんだって。知ってますか?
八町きゅうり、ミニトマトは水キムチ・・・水キムチって。。。。また気になる。
清内路かぼちゃはお粥に。体に優しそう~。
涼しくなってきて、疲れた体を癒してくれますよ!きっと!
今週もたくさんの人をHAPPYにする料理を作ってくれますよ♪
ぜひ、ぜひ、足を運んじゃいましょう♪♪♪
そしたら、きっとHAPPYになれますよ!
だって、たくさんの野菜を抱えて笑顔で帰って行きましたからね!
つくるひとがHAPPYなら、そのひとが作ったものはHAPPYなもの♪
それを食べたひとはHAPPYに♪
Img_6abb98dd020e37f9a34a21bf34e85f80
干してます。
今年も順調に、小豆の収穫が始まりました。
昨年は長雨で収穫出来ずに、カビてしまったのがたくさん出てしまったので
そうならないように、必死です!
また雨が続きそう。。。

昨日、南信の方へ頼みごとがあり、電話していたら
「~だに。」という方言が飛び交っていました!
だにってカワイイ♪
方言って面白いですね♪
Img_d7fc4dc8a0647c4f13d67d00116ff272
畑に行く道・・・トトロ?
Img_ddb6e79436df84fa1d92178125a27356
ため池・・・トトロ?
まるで、トトロがいそうな感じ♪
これが日常の風景。
世の中どうもきな臭くなってきている。
異常気象による自然災害、北のミサイル発射。
前から思っていたけど、何があるか分からない。
最近、本当に強くそう思うことが多い。
もしかしたら、時間がないのかもしれない。
でも分からない。
分かるのは、今やるべきことをやっていこう。ということだけ。
畑にいることが多いので、自然と鳥や虫が目につく。
そうすると、鳥や虫たちだって、厳しい条件の中で生きているんだな。
文句も言わずに、がんばってんだな。
アリの群れを眺めていると、サボっているアリがいたりするけど
それでも、人間みたいに文句言わないな。
そんなことを考えたりします。
人間も鳥や虫みたいになれたらいいのにな。
そしたら、もっと楽しく生きていけるんじゃないかな。


Img_e3c6b4a6e49d41b1f118dc370fe61571
草ボーボー
Img_4d2b20ab17ec6cb7edee1e58f05021f2
赤は完熟
Img_70d84245b2cdcb2e220c417b7fb13500
かわいいのがいっぱい♪
先日お話した、別の畑のもっとすごい「ぼたんこしょう」です。
相変わらず、こっちも草ボーボー!
でも、こんなにいっぱい♪
どうも草むらが好きみたいですね。
ぼたんこしょうは!
今年はかなり良く成ってます♪
種を採り続けてきた効果か?
ぼたんこしょうの言葉が分かるようになってきたのか?
7月にはアリとアブラムシで、かなりかわいそうな状態だったんですよ!
アブラムシを採っていると、アリに噛まれてましたしね。
意外と痛いんですね。アリって。(バッタの方が痛かったけどね。。。)
話がそれました。
それが今では、こんなに立派!!
ひとつのことが原因でこうなっているんじゃないと思うけど
いろんなことがからんでこうなっているんでしょうね!
このいろんなことっていう所が、自然栽培では大切になってくるんですね。
一般的には、虫が出たら薬を。
元気がなくなってきたら、肥料をあげる。
でも、どっちもしない自然栽培。
ぼたんこしょうは、あまりお世話しないで、自由にさせておくのが一番。
そういった性格も自然栽培に合っているんでしょう。
あとは、環境を整えてあげる。
よ~く観る。
人間の出来ることなんて、あんまありません。
本当、ほんの少しだけ。
そのほんの少しにバカのようになっているだけ。
Img_7f350e00c23c30e0ed5bcc5faf5e3da4
小田切赤首地大根
Img_052a51e02174c43fd728faa286cfd99f
親田辛味大根
Img_ac64f2b14aa659599b916aaf0a861038
矢島かぶ
秋野菜が続々と発芽してきました!
そのことはとても嬉しいけど、それと変わって、夏野菜が終わりを告げようとしています。
毎年のことだけど、ちょっぴり切ない気持になっちゃいます。
The BlueHeartsの「Too Much pain」がピッタリな感じです。

終わりを告げる野菜の最後も見届けないといけない。
このこと、お百姓しか知らないこと。
命ある限り、実をつけて、種を残そうとする。
これが自然界のあるべき姿。
決して、きれいでない形。
美味しくないもの。
売ることのできないもの。
それでも、生き続けています。

野菜は、生きています。

「そうなんだ~。」と少しでも思ってもらえたら
野菜を見る目が変わるかもしれませんね。
Img_d653274d44cb810f30ce2e3ab399d186
早生今市かぶ
Img_6306bf4a26d1f1a5f22bfbca948060a1
秋野菜の畝