こだわりその1
『無肥料・無農薬栽培』

安全性が高いと思われている有機栽培。

以下は、私が実際に有機栽培が行われている、現場で見てきたことです。
ただし、しっかりと考えて、すばらしい野菜を作っている方も多くいますので
この限りではありません。

たくさんの堆肥やたくさんの有機肥料を畑にたっぷり入れる。
そして、出来た野菜の結末は・・・。
『とけて腐る」
これを見たとき、正直「これが安全?」と思いました。
とけて腐っているから、臭いは強烈です。
その後、しばらくして、「無肥料・無農薬栽培」に出会いました。
すぐに「これだ!!」と思いました。
これなら自信を持って、やっていける!そう直感しました。
そして、それは間違いではありませんでした。
実際に出来た野菜は、腐ることがほとんどなく、ミイラのように枯れていきます。

有機栽培では、とけて腐る。
無肥料・無農薬栽培では、枯れる。

想像してみてください。

とけて腐った食べものを、手で触れることが出来ますか?
ただ、枯れていったものなら、手で触れることは簡単だと思いませんか?
これは、体の中でも同じことが起きています。
食べたものが腐ってとけていく場合と、ただ枯れていく場合。
どちらがいいと思いますか?

だから無肥料・無農薬栽培を選んでいます。

こだわりその2
『在来種』

在来種は、昔それぞれの地域で育てられてきた野菜です。
そこの人達にとっては、当たり前にあった野菜。
それが在来種です。

便利になった現代では、食に対して多くの要望があります。
もっと、甘いのがいい。柔らかいのがいい。
見た目がきれいなものがいい。
傷がつかなくて、日持ちのいいもの。などなど。
在来種は、これらの要望にはあてはまらない野菜です。
だから、「売れなくなっちまったな・・・仕方ねぇから、やめるか。。。」とやめっていってしまった人が多くいます。
全国的にみても、在来種を育てている人は、ごく僅かです。

なんかもったいないな。
見た目はへんてこな形してるの多いけど、なんか憎めないし、そこがいいんだけどな。
今まで大切にしてきたのに、なくなってもいいのかな。

スーパーに並んでいる野菜は、皆同じ顔をしている。
形、大きさ、色。どれも同じ。
でも、在来種は、どれも皆違う顔をしている。
形も、大きさも、色も。
まるで、人間みたいだ。
人間が皆、顔が違うように。
背の高さ、体格、性格が違うように。
在来種の野菜もそれぞれ違う。
人間に似ている野菜。
それが在来種なのかも。

人間みたいな野菜。在来種。
このままなくなっていくのは、もったいない。
色々な人達が大切に守ってきたもの。
何十年後、何百年後、何千年後と続いていきますように。
そのために、伝えていきたい。
こだわりその3
『種をとる』

子供の頃、朝顔やひまわりから種をとったことありませんか?
野菜の種をとるのもあれと同じです。

種をとることで毎年、その時、その時の情報(その年の気候など)が種にインプットされていき、翌年にその種を蒔くと、種はちゃんと今までのことを覚えていて、「確か昨年はこうなっていたな、じゃ、こうやって解決しよう。」そんな感じで種が学んでいくんです。
これを10年も繰り返せば、その時種はとても頭が良くて優秀になっているんですね。
優秀だから、分かりやすく言えば、人間がほとんどなにもしなくても育ってくれる。

種をとり続けていくと、すっきりとした成長をしていくし、味も雑味が少なくなっていき、その野菜が本来持っている味が分かりやすくなります。
下の写真は八町きゅうりです。
通常、お客様の元に届くものは1本100~160gくらいですが、写真の種用の実は約10倍の大きさです。
ちなみに黄いろになっているのは完熟しているからです。
Img_31a4e62b43e566e2f97d771dc7b8d632
八町きゅうり種用
Img_8a75b69a5d16a45f62e6596ae5cfe44b
開いて種を出します